2015年12月31日

2015ベスト諸々

一応振り返っておく。バイト増やしたり引っ越したりツアーやったり、インプット不足は否めない。

【ベスト映画3】
スターウォーズ:フォースの覚醒
ジュラシック・ワールド
マッドマックス:怒りのデスロード

並べるとなんともバカみたいだけどこれでいいのだ。だって全部号泣したもの。

【ベスト演劇】
モダンスイマーズ『かなしみよ、消えないでくれ』

次点は年末の『熱海殺人事件』。正直甲乙つけ難いけど、より小劇場っぽいほうに軍配を。

【ベスト短編小説3】
白石一文『天気雨』
宮内悠介『ジャララバードの兵士たち』
夢枕獏『渓流師』

【ベスト長編小説3】
グレッグ・イーガン『ゼンデギ』
小栗虫太郎『有尾人』
梶山季之『かんぷらちんき』

【ベストノンフィクション】
沢木耕太郎『キャパの十字架』

やはり芝居にかまけて驚くほど本を、とくにガッツリとした長編や新書を読まなかった一年だった。反省しきりである。

【一番聴いたような気がするアルバム】
ドレスコーズ『1』

【一番発売日が待ち遠しかったマンガ】
久正人『ジャバウォッキー1914』












posted by 淺越岳人 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック